売却ってどんな流れ?~売却ガイドブック~Part2

公開日:

カテゴリー: 不動産お役立ち情報 | 不動産用語集 | 売却ガイドブック  タグ:  | | | |


前回のブログ【売却ってどんな流れ?~売却ガイドブック~Part1】では、売却フォローチャートについて書きました。

今回は、【売却ってどんな流れ?~売却ガイドブック~Part2】ということで、フローチャートを掘り下げてお話できればと思います。

まずは、フローチャートの①売却のご相談STEP1から、

売却のご相談①・売却のご相談②の流れをご紹介したいと思います!!


[STEP1] 売却のご相談1-売却に関する様々な疑問点、
不安などどんな小さなことでもお聞かせ下さい。

売却動機・希望条件など

ご売却をお考えの場合、実際に不動産会社に行く前に、下記の項目をチェックしていただくと、スムーズにご売却をすすめることができますので、
ぜひチェックしてみて下さい!!

1 ご相談内容 4 売却価格に関するご希望はありますか?
  □相場(売れる価格を知りたい)
□手続全般を知りたい
□販売方法を知りたい
□必要経費を知りたい
  □時間をかけず売れる価格で売り出したい
□手取りで●●●万円は確保したい
 参考) ローンの残債金額
       万円(現在)
□具体的な金額はイメージしていない

2 なぜ、いまご売却をお考えですか? 5 どのような方法で売却したいですか?
  □買替えのため
□相続などによる資産売却のため
□その他(転勤、資金化など)
  □周囲に知られないように販売したい
□売却の時期よりも価格を重視したい
□価格よりも売却時期を重視したい 他
3 いつまでにご売却を完了(お引越し)したいですか? 6 その他
  □できるだけ早くしたい
□●年●月までにしたい
□特にまだ決まっていない
   
[STEP1] 売却のご相談2-売却に関する様々な疑問点、
不安などどんな小さなことでもお聞かせ下さい。

売却時の諸費用と販売期間など

売却時には、諸費用がかかります。

住まいを売却するときには、税金や宅建業者へ支払う媒介報酬(仲介手数料)など、様々な費用がかかるものです。そして、売買代金から、これらの諸費用を差し引いた残額が実際の手取り額になります。新たに購入する住まいの資金計画を立てる上で、手取り額がいくらになるのか、おおよその金額は把握しておいたほうがいいでしょう。

売買代金と手取り額の計算
●売買代金と手取り額の計算

●売却にかかる主な諸費用

税金 印紙税
所得税、住民税(譲渡益がある時)
仲介手数料にかかる消費税
媒介報酬
(仲介手数料)
売却価格が400万円以上の場合、
成約価格✕3%+6万円
ローン関係 抵当権の抹消費用
司法書士への報酬
その他 引越し費用、残置物処理費用
測量・建物解体費用等(必要に応じて)

 

上記の費用の点など踏まえて、実際にどれだけ手元に残るのか、計算してみましょう。

●例えば、自宅を4,000万円で売却したら(残債がある場合)

信栄ホーム㈱

売買代金- 諸費用 +住宅ローン残債=手取り額
4,000万円-1,690万円+ 2,500万円 =1,331万円

となります。上記の計算は住宅ローンの残債がある場合ですので、
残債がない場合ですと、住宅ローン残債の分を引かなくていいので、手取り額は変わってきます。
注意すべき点は、必ず諸費用がかかるということです。

実際に、諸費用のことを考えていなかったというお客様もいらっしゃいます。
ですから、事前に諸費用がいったいいくらになるのか?
ということを営業担当としっかりとやり取りすることが重要です!

信栄ホームでは、しっかりとお客様のご希望に添える形で、お話を進めていきます。なぜこんなに諸費用がかかるの?など、わからないことはぜひお尋ね下さい!!売買のプロがしっかりとお答えいたします!!

相続に関する、資産のご売却・買い替え・転勤・資金化といった、不動産に関するすべての疑問にお応えいたします!
下記電話番号、メールでのお問い合わせもお待ちしております


 

信栄ホーム㈱では、蓮田市、白岡市、伊奈町の地元を中心に不動産、建築全般を営業して創業31年になりました。地域密着で土地/戸建/マンションの売却物件を募集しております。

査定無料相談無料秘密厳守ですので、お気軽にご相談下さいませ。

無料査定受付中

お電話は、フリーダイヤル 0120-666-788 から受け付けております。

また、下記お問い合わせフォームからも受け付けております。

信栄ホーム株式会社