あなたのご自宅、そのまま売却して大丈夫ですか?

公開日:

カテゴリー: 不動産情報


こんにちは、今日は不動産のお話をしたいと思います。

相続、転勤などでご自宅を手放さなくてはならなくなった時に、そのまま売却されますか?

え?!どういうこと?
そのまま売却でしょ~とお考えの方が多いとおもいます。

ちょっとお待ちください!

例えば、そのまま売却されて以下のような事例が出たとき、どちらの責任となるのでしょう??

Q:自宅を売却してから2か月、買い主様から「雨漏りがする」と連絡がありました。
  修繕費用は誰が出すのでしょう?

  売り主 or 買い主 ??

   答えは・・・・・

 

A:売り主様す!!

中古住宅の売買には「瑕疵(かし)担保責任」※という売り主様が負う責任があります。
売買した中古住宅で3か月以内に補修が必要になった場合、「売り主様」がその費用を負担しなければなりません。

このような事態を避けるためにも、

 

売却前に検査をしておくと・・・

あからじめ建物のいたんでいる部分がわかります。

 

つまり

 

対策をとることができるのです。

修繕をしてから売り出すのか、修繕をせずに売り出すのか戦略次第ではより早く、より高く売れる可能性があります。

 

修繕をするとこで物件の魅力・安心感が増し、より高く売れる可能性があります。

 

家を売りだす前に・・・

 

住宅検査・評価サービス「インスペクション」をぜひご利用ください。

信栄ホーム(株)では、ERAインスペクションNext をご提案しております。
建物劣化検査設備機器検査建物性能検査白蟻検査を実施。

建物の劣化状況(悪いところの検査)だけでなく、
キッチンやバス・トイレなどの設備に加えて、
耐震性・断熱性といった性能まで検査をし、
総合的に建物を判断する、一歩進んだ建物検査です。

ERAインスペクションNextなら、
修繕にかかる費用の目安がわかるので、戦略が立てやすくなります。

ぜひご自宅を売却する前に、住宅検査・評価サービスをご利用ください。

詳しいことを知りたい方は、ぜひご連絡を頂ければと思います。
担当から詳細をお知らせしたいと思います。
電話またはお問合せフォームからお問合せ下さいませ。